家系ラーメンを自宅で食べたい人に
おすすめの市販のラーメン

 

 

ここは自分のように近くに家系ラーメンの店が無い場所に引っ越して
家系ラーメン難民になった人に参考になると思う。

 

又、関東以外で売っているかはわからないので
関東住みにしか参考にならないかも。

 

家系ラーメン難民になると似た味が売っているだけマシという心境になる。

 

家系ラーメンを食べるようになったきっかけ

 

自分が一番好きなラーメンは
とんこつ醤油をベースにする家系ラーメンである。
元々はとんこつラーメンが好きで醤油ラーメンはそんなに食べなかった。

 

なのでその2つが組み合わさった家系ラーメンの存在を知った時にも
変な組み合わせを考えるな
くらいにしか考えず、自分のラーメンランクの
変動は無いだろうと思い食べる事は無かった。

 

ある日友達と外に遊びに行った時、
友達が「昼は家系ラーメンが食べたい」と言い出した。

 

今まで何回も一緒に外食をしていてジャンルはリクエストされても
ジャンル+種類(味)込みの
選択の余地が無いリクエストをされたのは
初めてだった。

 

これは相当家系ラーメンが食べたいのだなとわかったし、自分も多少は興味が
有ったので
特に反対する事も無く近くの店に入った。


注文したラーメンが来て最初に驚いたことは
ホウレン草が具材としてトッピングされていた事だった。

 

今まで食べてきたどのラーメンにも入っていたことは無かったので
ラーメンに合うのか不安がよぎった。

 

まずはどんな味か確かめる為、スープを口にした。「うまい!」とすぐに感じた。
とんこつラーメンと醤油ラーメンを良いとこ取りしたような味で、こんな味が
出せるのかと驚いた。

 

麺はいつも食べているものより少し太かったが
こってりとしたスープには丁度良い太さだった。

 

そしてその麺と不安だったホウレン草を一緒に口に入れてみた。
その瞬間不安は消し飛んだ。

濃いスープがホウレン草に染み込んでとても美味しかった。

 

夢中になって食べているといつもより短時間で完食していた。

 

そしてこの日以来、自分の一番好きなラーメンが家系ラーメンになり
週1回くらいのペースで食べる
ようになった。

 

スポンサーリンク

 

栃木に引っ越して

 

仕事の都合で栃木に引っ越した。

 

しばらくは気が付かなかったが、
ある日家系ラーメンが食べたくなった。

しかし、ここには薄味の佐野ラーメンしか無いことに気が付いた。

 

自分の好きな味のラーメンが住んでいる場所の周辺で食べられない辛さは
ラーメンが好きな人なら誰でも
想像できると思う。

 

「やばいっ!」
と思い必死になって家系ラーメンが食べられる店を探した。

 

自分は運が良かった。
引っ越したのと同じ時期に佐野イオンモールに「本牧家」がオープンしていた。

 

よりにもよってこのタイミングでTHE家系ラーメンである「本牧家」が
オープンするとは
自分は家系ラーメンに愛されてるのかと思った。

 

それからは家系ラーメンが食べたくなったら「本牧家」に行って食べていた。
が、気になる事があった。
毎回客が2~3人くらいしかいないのだ。
こんなにうまいのに何故かと考えた。

 

そして思い出した。
ここは佐野ラーメンが天下を取っている地域だという事を。

つまり薄味が好まれる文化でありこってり系は敬遠される地域だった。

 

嫌な予感がした。

 

そして、その日は突然やって来る。
 
本牧家 佐野イオンモール支店 閉店
実際の閉店理由は知らないが閉店したという事実は間違いなかった。

 

そして、地獄が始まった。
家系ラーメン難民生活である。

 

他に家系の店は無いかいろいろ探したが、
それっぽいラーメンというのは有るが家系率50%くらいの店
が多く
薄味文化に合わせた物足りない店ばかりだった。

 

ラーメンショップは良い感じだったが
家系とは少し違うし店舗によって中身が別物になるので
家系ラーメンを食べたい時は満足できない。

 

そして、店を探すのは諦めスーパーで売っているカップラーメンや
インスタントラーメンで
何とかならないかと考え始めた。

 

 

家系ラーメンっぽい市販のラーメン

 

カップラーメンで横浜家系ラーメンが有る事は知っていたので探してみると
たしかイオンで見つかったと記憶している。

クオリティはカプラーメンなのでそれなりという事と
いつでも売っている訳ではないという事が
少しネックだった。

 

そんな時自分の目に入ったのが
日清チルド 行列のできる店のラーメン こってり醤油」だった。

 

 

パッケージに写っているスープが家系ラーメンぽいなと思い目に留まった。

 

ダメ元で試しに購入して食べてみた。「これだっ!」と思った。
予想していた以上に家系っぽさがあった。家系率80%くらいだろうか。

 

店で食べるのよりはだいぶ劣るが
家系ラーメン難民地域で食べれる中ではかなり満足度が高い
味であると思う。

 

これにホウレン草、海苔、チャーシュー、煮卵を入れれば
それなりの家系ラーメンを作ることが出来た。

これでなんとか自分は家系ラーメンの欲求を抑えられるようになった。

 

ネット通販なら家系ラーメンをやっている店の
正統派の物も手に入るかもしれないが
生麺なのでストックしづらく食べたい時に手元に無い可能性がある。

 

しかし、この行列のできる店のラーメン こってり醤油なら
スーパーに行けばすぐに手に入るという利点がある。

 

そして昨年「行列のできる店のラーメン 横浜」というズバリな商品が発売された。

 

しかし、こってり醤油は自分の行った事のあるスーパーの7割くらいの店舗で
見かけるが横浜(家系)の方は
1回も見たことが無い。地方限定なのかもしれない。
なので横浜(家系)が手に入る人はそちらの方が良いのかと思う。
手に入らない人はこってり醤油で
なんとか頑張るしかない。

 

スポンサーリンク

 

栃木県南部、茨城県、埼玉県北部に住んでいる人は

 

行列のできる店のラーメン こってり醤油を見つけた後も
家系ラーメンが食べれる店舗を常に探してはいた。

 

そして、茨城県古河市の国道125号線に
ちゃんとした家系ラーメンが食べれる店を発見することが出来た。

 

「横浜家系らーめん 仁家 ひりゅう」という店舗で・・・・

 

と書いていたが改めて調べると閉店したみたいだ。
今は近くに住んで無いのでよくわからない。

 

やっていても以前自分が食べた味と違う可能性もあるので食べるなら自己責任で。

 

しかし、本当にこってりラーメンが生き残れない地域だ。
探しても探しても潰れていく。

関東でこれなのだから関東以外はもっと厳しいのだろうか?