無免許でキョンを狩猟できるのか?

 

 

これから書く事は素人が調べた物なので、間違えていることも
多々あると思います。
この情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対して一切の責任を
負いかねますのでご了承下さい。

 

 

今、某県でキョンという外来生物が大繁殖している。
これからの生活でキョンを捕まえて食べれば肉の問題が解決すると思い調べた。

 

まず、自分は狩猟免許は無い。

 

なので無免許で鹿や猪を狩猟できるのか調べると狩猟期間に狩猟の法律を遵守し
自由猟具(投石、ナイフ、投げ縄等)を使って狩猟鳥獣に指定されている動物を
狩猟することは可能らしい。真偽は不明。

 

鹿や猪がOKなら、外来生物のキョンなんて問題無く狩猟できるだろうと思い
浮かれ気分で調べてみた。

 

スポンサーリンク

 

狩猟免許を持っていても通常の狩猟をするのに各都道府県ごとに登録する
必要があるがキョンを狩猟するにはさらに特定外来生物用の登録をし許可を
もらう必要があるらしい。

 

もちろん無免許にはそんな許可は出ない。
つまり無免許でキョンを狩猟する事は法律違反なのだ。

 

特定外来生物が法律に守られているなんて、あまりにも信じられなかったので
某県の環境生活部自然保護課鳥獣対策班に電話確認したが
やはり無免許ではダメらしい。

 

キョンが減らない理由が今回調べてよくわかった。

 

狩猟免許を取得してわざわざ特定外来生物用の登録をしないと
狩猟できないからだ。

 

鹿や猪がいるのに、誰が免許を取って面倒くさい登録をして
狩猟にメリットの少ないキョンを捕まえるのか。

 

逆に免許を持たず自由猟具で狩猟する人達は
キョンにメリットを感じると思う。

小さい分危険度が少ないからだ。

 

今後、キョンを本気で減らしたいなら特区を作って
誰でも狩猟できるように
しないと減らないだろう。

 

全国に広がってしまってからでは遅いのだから今のうちに真剣に取り組むべき
問題だと思うがどうやらゆっくり対応するらしい。

 

ちなみに、今回狩猟免許について調べたが何で猟師が減っているのかも
良くわかった。登録や更新がとにかく面倒くさいのである。
無駄に金も掛かる。

 

全国でやろうとすると数十万円+道具代、雑費。

 

こんなんじゃ今の若い人のほとんどは見向きもしないだろう。
環境生活部自然保護課鳥獣対策班にわざわざ電話するくらいの
興味のある自分ですら免許はいらないなと思わせてくれる。

 

せめて罠猟くらいは更新無しで日本全国どこの都道府県でも無登録で狩猟出来る
ようにしてほしい。今後いろいろ緩和することに期待したい。

 

スポンサーリンク